時間と手間をかけずに輸入可能|化粧品輸入代行を利用するメリット

海外の商品を輸入する

メイクアップ

日本では多くの女性が化粧品を使用しています。そのため、海外の化粧品を国内で販売するためには、化粧品輸入代行のサポートを受けるといいでしょう。面倒な手続きはすべて代行してくれます。

もっと見る

製造をしてくれる業者

メイク

自社の社員がオリジナルの商品を開発した場合は、化粧品OEM業者を利用しましょう。こちらの業者を利用することで、製造の知識や設備がない企業でも大量生産を可能にして商品販売ができます。

もっと見る

輸入の流れを把握する

化粧品

面倒な手続きをせずに、海外で人気の化粧品を国内に輸入するためには、化粧品輸入代行のサポートを受けた方がいいでしょう。ここでは、これからサポートを受ける企業のために、輸入の流れを紹介します。

最初は化粧品輸入代行業者に連絡する必要があります。連絡の手段は、電話やメール、それからFAXなどで連絡することができます。連絡をすると、化粧品輸入代行のスタッフから連絡がきますので、打ち合わせを行なう日程を決める必要があります。このときに、海外の化粧品の詳細な情報を把握するためのヒアリングあります。そして、現地の製造現場を見学したり、現地スタッフとの打ち合わせがあります。複数回売り合わせをすることもあります。その後、対象となる化粧品の成分の確認があります。日本の薬事法に適合している商品なのかを確認することができます。また、化粧品輸入代行業者は、必要に応じて詳細な成分分析を行なうこともあります。分析内容については、相談することもできますので、気軽に相談してください。

日本の薬事法に適合した化粧品とわかると、次は薬事法関係書類の作成も化粧品輸入代行業者がおこなってくれます。専門的な知識が豊富な業者のスタッフですので、成分チェックをクリアしたら完璧な書類を作成してくれます。時間のかかる手続きも代わりに行なってくれるでしょう。海外の化粧品を輸入する際や検品の際に発生したトラブルにも、化粧品輸入代行の業者は迅速に対応できます。海外の化粧品を確実に安全に納品してくれるはずです。コレが化粧品輸入代行業者を利用した場合の、大まかな流れです。

オリジナル商品を開発

化粧

自社でオリジナルの化粧品を開発すると、大量生産して販売したいでしょう。ですが工場や機械設備がない企業は、化粧品OEM業者に依頼した方がいいでしょう。特殊な機械設備を所有しているために、大量生産が可能です。

もっと見る